2015年09月08日

『BIRTH 〜ペルー日本大使公邸人質事件〜』アンケート公開その6

第27回公演『BIRTH 〜ペルー日本大使公邸人質事件〜』
2015年9月2日(水)〜7日(月)@大塚 萬劇場
ご来場ありがとうございました!


●最初は難しいテーマかと思い少し不安でしたが、ユーニアの部分もたくさんあり、まさかこんなに泣くとは思っていないくらい泣いてしまいました。表面だけでは分からないことの大切さを知れました。本当にとてもすてきな2時間でした。ありがとうございました。カップラーメン食べるたびに泣きそうです笑

●途中で元ていとくが「ぼけちゃったのかな」と思ったけど、作戦のうちだと分かってびっくりした。

●場面の見せ方や細かい演出に、ひきこまれました。

●着物の着付けがしっかりしていて、見ていて不安にならなかったです。

●サッカーとか細かい小道具をもっとフクセンとしてうまく使ってほしかった。そしたらもっと泣けた。

●ラジオ体操のシーンがシュールだけどなんだか切なかったです。

●壮大なテーマに挑み、それもかなり上手く咀嚼していて好感が持てた。前半がフラットでなかなか集中できなかったのが残念! 後半がそれぞれにスポットがあたり素晴らしかっただけに。

●初めは、このままダラーと続くと思っていたのですが、途中からどんどん素敵な話しになっていって、うわあ! 何んだこれ!! 良いじゃないですか!!! ってなりました。

●テロと人質の交流まで本当にフジモリは計画していたのだろうか。テロに屈するのはいいとは言えないが違う解決法はなかったのだろうか? と思わずにはいられない作品でした。リーダーが語りかける最後の場面は印象的でした。そして記者とは人の心を踏みつけていいのか? と憤りを感じました。心を打たれた良い作品でした。

●最後の問い、自分でも考えてみたいと思います。せっかくなので帰ったら事件のことも調べてみます。今回もいい劇をありがとうございました。

●2回目でしたがやっぱり泣きました。彼らには天国で幸せになってほしいです。

●・赤十字・青山との握手を避けた場面。
・ラジオの曲が変わる場面。
・ナンシーの最後の表情の変化が特に魅力的・印象的でした。

●ストーリーも細かい人間関係もリアリティがあって(ロハスがバイトという設定が特に!)、実際の事件の状況もこういう風だったのかな、と感じました。一気に世界にひきこまれて、2時間あっという間でした。今まで観た演劇の中でいちばん面白かった!

●ラストの記者のセリフや、報道の立場に引き戻される感じが鳥肌でした。(劇中は、人質とテロリストの2つの視点に没入していたため、その“遠近感”にすごみを感じました)
posted by 劇団バッコスの祭 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | *アンケート公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

『BIRTH 〜ペルー日本大使公邸人質事件〜』アンケート公開その5

第27回公演『BIRTH 〜ペルー日本大使公邸人質事件〜』
2015年9月2日(水)〜7日(月)@大塚 萬劇場

●1人1人の想いが交錯する様が見事に描かれていて、非常に考えさせられる2時間でした。

●とてもよい脚本でした。圧倒的なドラマ。途中、幾分もったりした部分はあったものの、よくまとまっていると感じました。

●初見の劇団さんでしたが、笑いを取りに行かなくても良かったのでは? と思いました。この事件は当時ニュースを見てましたので知ってはいますが、犯人と人質の関係が積み上がっていくのが面白かったです。

●偽善ぶるでも偽悪ぶるでもなく、主張は明確に表現しながら、余白を残す感じが、とても好きです。むずかしい題材、微妙な問題をタイムリーにとりあげる果敢さも、ラストシーンでの答えの提示の仕方も好きです。

●文句なしに面白かったです。実際におこった話、コミカルな部分もありながら、飽きさせず、一気に物語に引きこまれました。演者の皆様の力強さに負けないよう見ているこちらも力が入ってしまいました。

●あえて史実は調べず観に来たのですが胸がいっぱいです。色々考えたくなりました。

●人間という集団の“縮図”の一つを見た気がしました。

●リピートしました。前列から、どうしても観たくなったので。関係性や、最後の小道具の意味がわかってハッとしました。マスコミ嫌いになりそうです……。

●渡辺咲季さんの透き通る声、それでいて圧のある声、とても好きです。丹羽さんの熱量の強い演技、毎回強い印象を受けます。最高でした!

●戦後70周年という年に合った内容で素晴らしく泣いてしまいました。私も一人息子をもつ母として、様々な思いが胸につきささりました。

●一人一人の演技もすばらしく、このハコを最大限にいかした最高の公演だったと思います。

●なぜテロリズムが生れたのか、ペルーの社会のゆがみ、他国の干渉・歴史んどがもう少し加われば良かったかな。切なさがもっと伝わるかと思いました。

●舞台・ステージの使い方がおもしろかった。緊張感ある中でのたまのジョークがおもしろかった。何より、素敵な時間を過ごせてとても楽しかったです。

●同じ事件を扱った別の芝居を見ました。描き方がそれぞれで面白かったです。当然ご存知かとは思うのですが、意識はされますか?
――森山より、お答え致します。7月21日にTrigger Lineさんの『祝祭』を観ました。もうこちらが軌道修正できる時期ではなかったこともあり、単純に「かぶってなくて良かった!」と感じました。例えば、これから書こうというタイミングで、何か「先を越された」と感じたら、とりあえずその方向は避けます。以前も「出雲阿国」を取り上げようとして、有吉佐和子さんの小説があまりにも良く出来過ぎていて、やめたことがあります。
posted by 劇団バッコスの祭 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | *アンケート公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『BIRTH 〜ペルー日本大使公邸人質事件〜』アンケート公開その4

第27回公演『BIRTH 〜ペルー日本大使公邸人質事件〜』
2015年9月2日(水)〜7日(月)@大塚 萬劇場
【予約フォーム】

●現代の世の中の問題を考えるきっかけになる内容であったと思う。

●今、さまざまな問題が飛びかっている中、色々と思うことはありますが、今作を見て、自分の中で、もっと知って「問い」を探し「答え」を見つけたいなんてそんな事を思ってしまうほど、とても良いものを見させていただきました。

●実際に起こった事件を題材によくできた脚本です。演じる役者さんも力強く、メリハリ持った演技に好感持てました。

●少し美談になりすぎているような気もしました。取材班のうざったさだけ異常にリアルに感じました……。

●久々に良い作品を見たと、感動しました。

●とても迫力があり、考えさせられる内容で、良かったです。

●過去24年間、カナダに住んでいます。2週間の休暇で日本に来ている時、これを見ることができました。本当に来てよかったです。何と言ってよいかよくわからないぐらい感動しました。
posted by 劇団バッコスの祭 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | *アンケート公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

『BIRTH 〜ペルー日本大使公邸人質事件〜』アンケート公開その3

第27回公演『BIRTH 〜ペルー日本大使公邸人質事件〜』
2015年9月2日(水)〜7日(月)@大塚 萬劇場
【予約フォーム】

●すごい構成で、とてもおもしろかったです。

●上質ないいお芝居を観せていただき感動して興奮しています。

●タイムリーな話題とリンクしていて考えさせられた。ただ後半が少しテンポが悪くなった感じがした。

●シリアスなあらすじでしたが、ユーモアたっぷりで楽しく拝見しました。また機会があったら是非来たいと思いました。

●良い作品でした。知人に紹介したくなりました。

●当日券ですべり込みましたが、来れてよかった。面白かったです。見応えがありました。

●昨年の池袋演劇祭の時から気にしていたバッコスの祭さん。今回のお話、シリアスでみるのしんどいかなーと思ってたんですけど、ラストまで、しっかりみせていただきました。すごく引力のあるおしばいでした!

●初見ですがここまで本格的で真面目にとりくんだ芝居だとは思いませんでした。価値は充分ありました。ただ少しマジメすぎる気も一方でありました。

●「正義」とは何かを、改めて考えさせられました。テロリストリーダーの言葉がとても胸に響きました。音楽もとても素敵でした。定期的に観返したくなるような作品です!

●笑えるシーンも泣けるシーンもドキッとするシーンも全て力強く、全て響きました。観客もストックホルム症候群でした。一体となりひきこまれました。

●今日流した涙を、一生忘れずにいようと思いました。

●事件性の強いテーマであり、チラシには武器を持つテロリストということで、もっとおどろおどろしい先入観を持ってしまいましたが、ヒューマニズムを感じさせる、たいへんな力作でした。いつもチラシの印象と実際の芝居とがいい意味でちがうように思っています。

●フィクションとノンフィクションが融合すると、何とも言えない化学反応が起きるのですね……凄い……。

●いろいろ考えさせられました。前半がたいくつでした。もう少しで泣けたかもしれない。もっと感動したかった。
posted by 劇団バッコスの祭 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | *アンケート公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

『BIRTH 〜ペルー日本大使公邸人質事件〜』アンケート公開その2

第27回公演『BIRTH 〜ペルー日本大使公邸人質事件〜』
2015年9月2日(水)〜7日(月)@大塚 萬劇場
【予約フォーム】

●いつもの強いメッセージ性とは異なるけども、あの時何がおきていたのか、考えていたのかを描いたのは興味深かったです。

●テロリストと人質の人間関係の変化がするどく演じられており、良かったです。

●すごく良かったです。みんなに見てほしいです。泣きそうになりました。本格的なお芝居ですね。感動しました。

●2時間弱とは思えない、あっという間で濃厚な時間でした。夢中で観てしまった。BIRTHというタイトルは重いですね。

●物語がしっかりしていて迫力があって良かったです。

●明暗の落差が絶妙で、心を揺さぶられる舞台でした。

●全ての役のキャラクターがはっきりしていて、かつとても魅力的でひきこまれました。人間らしさがみんなありました。

●無音を生かすとか、音楽(BGM)の採用が少なめだったのは功を奏してると思う。

●照明の使い方がステキ。場面転換や、人物へのフォーカスのあて方がうまいなぁ、と。

●観ていてずっとドキドキしていました。これだけ客席を引き込めるのは本当に素晴しいと思います! 良い意味で疲れました(笑)

●愛梨さんの役の幅がひろがってきてるようで、成長をみている親の気持ちでした。年かさの俳優さんが増えてきて、お話やセリフにも説得力が増してきて、観るほうも安心してのめり込めます。

●今現在、上演することにとても意味があると思う。改めて、この事件についてもっと知りたくなった。

●ペルーの日本大使公邸人質事件を扱った作品に遭遇するのが今回で3回目です。特にこの事件をえらんできたわけではないのですが、作家さんにとってとりあげやすい(書きたくなる)事件なのでしょうか。でも、今までみた中でばつぐんにこんかいがよかったです。作・演・役者の皆さんのしんしなとりくみがすてきでうれしかったです。
posted by 劇団バッコスの祭 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | *アンケート公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

『BIRTH 〜ペルー日本大使公邸人質事件〜』アンケート公開その1

第27回公演『BIRTH 〜ペルー日本大使公邸人質事件〜』
2015年9月2日(水)〜7日(月)@大塚 萬劇場
【予約フォーム】

●初バッコスでした。なるほど、これが人気劇団か!
流石のひと言です。面白かったです。
知的な芝居が好きなので、好みにも合っていました。

●長時間でしたが、ところどころにギャグなど入ってテンポもよく、人と人のきずなが生まれるところを丁寧にかかれていて、あきずに最後までみられました。
政治の関わったお話で、政治にくわしくないので最初は不安でしたが、今はとてもみれて満足です。
感動しました。
そしていろいろ考えさせられました。
お気に入りの作品になりました。

●この事件を知っている者として、とても興味深く、どのように表現されるのか、とても楽しみでした。
この狭い舞台で、あれだけの世界観を出せたのは、素晴らしかったと思います。

●事件に関して知識が皆無でしたが、脚本が凄く良かった。
2回目見るのが待ちきれません。

●題材自体の面白さ(?)を中立的にバランス良く描いてまとまってはいるが、逆に重点があまりなく、全体がゆるやかに流れたような気がしないでもない。

●今回は大人のバッコス感ある。
スタンダードでありつつスタンダードじゃない。

●今回もすごいメッセージがなげかけられた考えさせられるすてきな作品でした。
posted by 劇団バッコスの祭 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | *アンケート公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。