2015年11月18日

伊能忠敬になりたい

中野のザ・ポケットという劇場で、伊能忠敬をテーマにした演劇を上演する。
伊能忠敬は史上初の正確な日本地図を描いた人である。
そこで、「駅から劇場まで」の道のりを、伊能忠敬と同じ方法で測量してみることにした。

測量ロケ_5021.jpg
絶好の測量日和だった





@ まずは役割分担。

測量ロケ_8813.jpg
距離担当・丹羽隆博。酒飲み。

測量ロケ_6139.jpg
距離担当・愛梨。エルモが大好き。

測量ロケ_3259.jpg
方位担当・金子優子。水谷豊が大好き。

測量ロケ_8900.jpg
方位担当・古崎彩夏。最近はサバゲーにご執心。

測量ロケ_1329.jpg
撮影担当・辻明佳。趣味が多くて忙しそう。

測量ロケ_1831.jpg
総指揮&製図・森山智仁。つい先日、半身浴に目覚めた。

距離・方位の担当が二人ずついるのは、人手が余っているからではない。
平均を取って少しでも誤差を減らす為である。





A 下ごしらえ。距離担当の二人の歩幅を計測する。

測量ロケ_5749.jpg
道端に巻き尺を引いて

測量ロケ_8769.jpg
10歩の距離を10回測る

測量ロケ_8958.jpg
結構バラつくものである

測量ロケ_3947.jpg
この人は測らなくていい





B いざ測量!

測量ロケ_8671.jpg
中野駅南口のバス停の前からスタート

用いるのは「導線法」と呼ばれるシンプルな測量法。
「何度の方角に何メートル(何歩)進んだ」という記録をひたすらつけていく。

測量ロケ_138.jpg
1.直線で結べる二点に竹刀を立てる

測量ロケ_1776.jpg
2.竹刀から竹刀の方位を測る

測量ロケ_239.jpg
3.歩数を数える

これの繰り返しである。

方位の測定はスマホのコンパスを使ったのだが、実はこれ、非常にデリケート。
近くに大きな鉄の塊などがあるとすぐ狂ってしまう。
つまり車がびゅんびゅん走るところでは正確な測定が難しい。

測量ロケ_4061.jpg
正確には測れないけど測ることに意義がある

測量ロケ_1555.jpg
引っ越すの?

坂道の勾配は手製の「簡易象限儀」で測る。
分度器に切り込みを入れてテグスを引っ掛け、おもりをぶら下げたもの。
機構は単純だが伊能忠敬が使った「象限儀」と理屈は同じである。

測量ロケ_7357.jpg
簡易過ぎてぶっちゃけ精度は低い

分度器のまっすぐなところで、竹刀の先端からもう一方の竹刀の先端を狙う。
その時テグスの示す角度がその坂の勾配となる。

ちなみに象限儀は天体観測にも使われていた。
「北極星の南中高度」を測ればその地点の「緯度」がわかる。
伊能忠敬の地図が正確なのは、しつこいぐらい天体観測をしたからなのである。

測量ロケ_9253.jpg
レンガ坂を上ってタイ料理屋を左折

測量ロケ_8722.jpg
竹刀の立て方を指示したいのに電話に出てくれない

測量ロケ_8355.jpg
セブンイレブンの前の分かれ道を左斜め前へ

測量ロケ_6730.jpg
着いた!

測量ロケ_65.jpg
お疲れ様でした

ちなみに僕はこの日に先駆けて、東京都板橋区の自宅から千葉県佐原市の伊能忠敬記念館まで、1人で4日間かけて約70kmを測量しながら歩いた。
伊能忠敬の気持ちになってみたかったのである。
くそしんどい、ということがわかった。

旅行中、劇団員たちはほとんど誰も応援のメッセージを送ってくれなかったのだが、この測量体験を通じて少しは僕の苦労(徒労)がわかってもらえたようなので良かったと思う。





C 測量隊は解散し、僕は自宅で製図を行う。

歩数×歩幅で距離を出す。
それから、方位と距離、2つずつ取った数値の平均を出す。

測量ロケ_5827.jpg
ペンギンも興味を示している

必要な数値が揃ったら製図開始。
縮尺は1/2000、つまり1cm=20mとする。
数値通りの角度に、数値通りの長さの線を引いていくだけ。
そんなに難しいお仕事ではない。

IMG_3100.JPG
できあがったものがこちら

※本来、坂道は三角関数を用いて「平面距離」を出すべきなのだが、今回は割愛。

何の目印も書いていないが、「何度の方角に何メートル進む」という歩き方でも、劇場に辿り着くことは可能なはずである。

でも、さすがに目印なしでは不親切なので、目印を入れたものも別に作ることにした。

この時、地図の「複写」も伊能忠敬と同じ方法でやってみた。

IMG_3101.JPG
ぶっ刺す

紙を重ねて、曲がり角に針で穴を開ける。
そうすれば針穴を結ぶだけで正確に複写できるのである。

IMG_3127.JPG
和風テイストにしたかったと思われる恥ずかしい右下






D 最後に。

僕たちは測量に関して素人です。
正しい地図は劇場の公式サイトでご覧下さい。


posted by 劇団バッコスの祭 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆森山 智仁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。