2013年10月01日

役者紹介! その19 上田直樹!

上田直樹くんをご紹介します!

image.jpeg

第11回公演『三風谷村水没前夜』から、
バッコスの本公演には一回も欠かさず出演してくれている直樹。

うちの丹羽 隆博がガンガン攻める、パズドラでいったら攻撃タイプなので、
のんびり回復タイプの直樹がその隣にいてくれると
それだけでなんだか安心しちゃう。


出会って間もないころは、「こんなポジティブな人は他にいない」と
まぶしく眺めたものでした。
太陽みたいなぽかぽかパワーはもちろん健在ですが
じつはお芝居に関しては若きウェルテルのごとく悩む青年です。
台本や演出に必死に寄り添おうとしてくれる姿は
劇団員としてはありがたいかぎり。


最近はミュージカルなど、大きな舞台でのお仕事も多いのですが
「バッコスは成長して帰ってくる場所みたいな感じ」
と言ってくれる直樹。
今回もよろしくお願いします!

image (1).jpeg

さて、そんな直樹が演じてくれるのは
薩摩藩参謀・西郷隆盛!

あの西郷どんです!


坂本龍馬は西郷のことを
「小さく叩けば小さく鳴り、
大きく叩けば大きく鳴る釣り鐘のよう」
と評しています。

薩長同盟を成し、日本を欧米の侵略から守るには
西郷という鐘にとびきり大きく鳴り響いてもらわないといけないのですが、どうなりますやら。


ほんわか、どっしり。
愛犬・ツンをかわいがる直樹の演技は
西郷どんのパブリックイメージにぴったりなのでは?!


今作の西郷どん、薩摩藩主の娘・和姫のお付きのような役回りもこなします。
ちょっぴりじゃじゃ馬の和姫に
ふりまわされがちな西郷ですが……。


お楽しみに!
posted by 劇団バッコスの祭 at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ★出演者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

役者紹介! その17 鈴木亜里紗!

やっと折り返しました!
リハ含め、怒涛の8ステージ連続の前半戦が終わり、今日はソワレのみでちょっとだけゆっくり。


さて、今日は鈴木亜里紗さんをご紹介します!

securedownload.jpg

小松金太郎くんと同じく、The Dusty Wallsからの参戦です!


女の子の中のブラックな部分を隠さずに生きるありー。
それはそれは上品で甘やかなエンジェルボイスで
あまりにも軽やかに楽しげにダメ出しをするので
意外と誰も傷つかずに笑いになるという
奇跡の辛口センスを持ってます。
しなやかな白猫みたいな蠱惑のルックスを裏切らない娘さん。
手のひらでころがされたい!(・∀・)


器械体操をやっていたこともあって、
からだの伸びとキレがすごい!
ダスティーではミュージカルも上演するので
なにげない動きのひとつひとつにダンスのような美しさがにじみ出ています。


飲み会出席率は女子部門ではダントツナンバーワン!
カクテルが入るとその小悪魔度が2割増しになるとかならんとか。
言っときますがすっごく空気を読む優しい子だかんね!

securedownloa.jpg

そんなありーが今回演じてくれるのは、薩摩藩主の娘・和姫!


今作の中ではレアな、架空の人物です。
つっても実在した人たちもなかなかファンタジーな設定ですが(・∀・)


天璋院 篤姫と、和宮 親子内親王から一文字ずつとっての命名です。


薩摩藩主の娘として生まれ、13代将軍家定に嫁いだ篤姫。

そして、公武合体政策の一つとして、
皇室から14代将軍家茂の正室になった和宮。


今作の和姫は、いち早く洋服を着こなす現代っ子。
進歩的な考えを持つ父のもとでのびのびと暮らしていましたが、
強藩・薩摩の裏切りを恐れた幕府から
将軍との政略結婚を取りつけられて……。


薩摩きらっきらの瞳でお人よしの西郷どんをふりまわす姿は
ありーの真骨頂!

洋服なのをいいことに
華やかなお色なおしもお目にかけますよー!
お楽しみに!
posted by 劇団バッコスの祭 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ★出演者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

役者紹介! その16 新本明恵!

どうも、看板女優の辻 明佳です。
まもなく公演も折り返し!
今回は新本明恵さんをご紹介します!

image.jpeg

信じられないほど細いあごに小さな小さなお顔。
バッコスの劇団員女子は全員エラがしっかりしてるので、
別の星の人を見るときの目でうらやましく眺めてます。
隣にいると写真の遠近感が狂う女、あっきー。


モデルさん並のミラクルボディーで
あらゆる服を着こなすおしゃれさんですが、
その実態は、
酒飲み・大食い・アイドルオタク
の三冠王。
チャックをあけたらおじさんが出て来そうです。
てか、なぜ太らん!!


身の回りのものはディズニー一色。
お給料の何割を酒とディズニーにつぎ込んでいるんだろう。
あっきーに聞けば、ディズニーグッズとディズニーリゾートのことはほぼ何でもわかります。
私もディズニーは大好きですが
グッズをまったく買わないほうなので、
やっぱり別の星の人を見る目でほえーと眺めてます。


企画だいすきなお祭女子。
とにかく労をいとわず、全力で遊ぶ姿はいつ見てもあっぱれ。
企画力と実行力であっきーに並ぶ人を、私は他にベンチャーの社長とかくらいしか知りません。
いつも笑顔をありがとう。

image (1).jpeg

さて、そんなあっきーもいつのまにかバッコス常連組。
第18回公演『白夜王アムンゼン』『マタイ』『白虎隊風雲録 コダマ!』ときて
今回四度目の参加です。


演じてくれるのは、千葉道場の娘・千葉佐那!

佐那といえば、龍馬にまつわる女性の中でも
お龍と一、二を争う人気のある人物ではないでしょうか。


坂本龍馬が江戸に剣術修行に出た際に通った
北辰一刀流の名門道場の娘さん。
女だてらにとても強かったらしく
「鬼小町」の異名をとっていたそうです。

龍馬が国事に奔走するようになった頃
龍馬と結婚の約束をしたとも言われ、
着物の片袖を形見として大切に持ち続け、
終生、独身をつらぬいてしまったというエピソードは有名ですね。


今作『押忍! 龍馬』では
歴史を裏で操る公家忍衆の一人として登場します。

龍馬が千葉道場の門を叩くのも、
岩倉ともみの計略のうち?!

ご期待ください!
posted by 劇団バッコスの祭 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ★出演者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

役者紹介! その15 高橋美里!

今回は高橋美里さんをご紹介します!


その日たまたまマフラーを真知子巻きにしていたことから
まちこと呼ばれ始めたまちこ。

バッコスではまったくもってまちこ巻きをしたことはないのですが
それでもまちこと呼ばれつづけ
このたびついに、なんかそれっぽいことをしてくれた写真がこちら。

image (1).jpeg

上からひとみ、まちこ、さゆりのマトリョーシカトリオ。
さいかが撮りました。
なんだこりゃ


さてもさてもまちこはかわいいです。
左右対称の丸顔!
お肌のキメ!!
ほっぺつやつや!!
まつげっ長っ!!

おっとりしてるけどお洋服はわりとボーイッシュなのもギャップ萌えです。
あと声が、高い音も出るんだけど
つねに低くて深い響きをもってて、
いやされるー。


プロの声優さんを目指しているまちこ。
いつでもほんわかしているのんびり屋さんですが、
声優道を熱く語る姿には
ときどき、はっとさせられます。


ちょうど一年前の『白虎隊風雲録 コダマ!』では
引っ込み思案な藤原秀衡の亡霊を演じてくれました。
こちらも、シャイなくせに格好はいっちょまえにつんつんロックで
かわいかったのう。

image.jpeg

そんなまちこは今回も安定のかわいさ。
土佐藩士の娘・平井加尾を演じていただきます!


坂本龍馬の初恋の人と言われている加尾。
史実では、加尾は武市半平太が率いる土佐勤王党の活動のために
京都の三条家に仕えながら、
京都の情勢を探る、隠密的な役目を果たしていたようです。


加尾のお墓はいま、東京の青山霊苑にあります(ちなみに後藤象二郎のお墓も近くにあります)。
じつは今回「龍馬さんぽ」と称して
東京にあるいろんな龍馬ゆかりの地に行ってみたのですが、
この平井加尾のお墓にもお参りさせていただきました。


京を離れてからもお家存続のためのような結婚をしたりと、
時代に翻弄された女性と言えるのかもしれませんが
子宝にも恵まれた加尾、
晩年は心穏やかな日々であったことを願わずにはいられません。


今作『押忍! 龍馬』でも、加尾は公家お抱えの忍衆の一人!

中でも、彼女がつかうスキルはなんと「色仕掛け」です!!
出ましたくノ一!


おっとりぽわわんとしたまちこの雰囲気から
一体どんな「仕掛け」が飛び出すのでしょうか?!

お楽しみに!!
posted by 劇団バッコスの祭 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ★出演者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

役者紹介! その14 森弥恵!

どうも辻です、どんどんいきます!
今回は、森弥恵さんをご紹介します!

image (1).jpeg

美の伝道師・白。(黒は田崎悠人)
美白、美肌に美黒髪。
ヨガのインストラクターの資格も持っているやえ。
コートを50着持っているやえ。
ゆかた、きものも50着持っているやえ。
いつ着る。
給料のほとんどは美容と服につぎ込んでいるのではないでしょうか。

かつてはお肌が超弱かったとは思えないすっぴん力。
ひとえに毎日の努力のたまものだそうで、
もー本当に、頭が下がりますm(_ _)m


ハリのある声とあっぱれな舞台度胸で、
強い女性の役がぴったり。
本人いわく「一人で生きてけそうオーラがすごくて損するタイプ」とのことですが、
がっちり自立した姿はやっぱり素敵だよ。


バッコスでは第18回公演『白夜王アムンゼン』のキャンベル役として
やっぱりしっかりドスのきいた女性を演じてくれました。
当時23才だったとは思えない、肝のすわった演技にみんなびっくりしたなあ。

ついで前回『夢幻泡影江戸川乱歩』では、
目のキラキラした若き新聞記者を好演。
「あ、ふつうに若いおんなのこ役もできるんだ」と思ったものです(・∀・)
しかし、8割世界の主宰、すずきゆうた氏のアクの強い演技と
がっぷり四つに組んだ姿はさすがやえ、といったところでした。

image.jpeg

さて、そして今回、やえが演じてくれるのは、

公家の娘・岩倉ともみ!

岩倉具視をモデルにした架空の人物、なのか?!
謎に包まれた人物です。


占星術をこころえ、
なんと「満月の夜に月あかりを通じて遠くの人と交信する」
というミラクルファンタジーな力を身につけている岩倉ともみ。

その能力を生かし、幕末の世を思い通りに動かして
幕府を倒そうと考えつきます。

ともみはさっそく、素質ある五人の「選ばれし少女たち」を探し出して……。

というところから、今作『押忍!
龍馬』の物語ははじまります。


坂本乙女をはじめ、
のちに武市半平太になる島村富、高杉晋作の愛人・おうの、千葉道場の娘・佐那、のちに龍馬初恋の人となる平井加尾は、
みな、ともみお抱えの忍として、暗躍することになります。

ミステリアスで妖しげなともみ、
彼女の本当の思惑とは……?


ご期待ください!
posted by 劇団バッコスの祭 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ★出演者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

役者紹介! その12 田崎悠人!

『押忍! 龍馬』無事に初日明けました!
熱い拍手に一同感激しております。
今日もがんばるぞー!


さて、今回は田崎悠人くんをご紹介します!

image (1).jpeg

美の伝道師・黒。(白は森弥恵)
徹底した自己管理で
「それ以上どうやって痩せるの?」
というところを痩せてくる男。
誰も求めてないのに痩せてくる男。
ダイエットが楽しそうですらあります。
すごい。すごいよ。
イケメンは一日にしてならず、なのですね。
さわやか細マッチョです。


かろやかでキレのあるアクションやアクロバットの能力は
前作『夢幻泡影江戸川乱歩』でも披露してくれましたが、
今回新たに発動しまくっているのがゆうとの「和ものスキル」。
扇子や番傘はもちろん、
「なんで?」
ってデザインのおもしろ和服とかをいっぱい持ってます。
衣装に小道具、お世話になっちゃいましたm(_ _)m

さらに、今回はなんと日舞の振り付けも担当!
特別バージョンとしまして、日曜日14時の回からは
ゆうと自身の舞もお目にかけます。
ゆうと師匠の華麗な舞が見れた方はラッキー!


イケメン・動ける・気前がいいの三拍子に加え、
今回なんと「医者の息子」という
まさかの坊ちゃんスペックが判明。
無敵か!

image (2).jpeg

さて、そんなゆうとが今回演じてくれるのは、
公家お抱えの忍・静原!
忍の中ではチームをしきる中忍というポジションです。

主人である岩倉ともみに
私情をはさまず忠実に従っていますが、
時にはいろいろ思うこともあるようで……。

部下である下忍・八瀬との師弟愛? は必見です!


お見逃しなく!!
posted by 劇団バッコスの祭 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ★出演者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

役者紹介! その13 古崎彩夏!

古崎彩夏くんをご紹介します!

image.jpeg

第19回公演『マタイ』2012年版から、なんだかんだで早くも四回めの参加。
ふるさきさいかって読むんです。


さいかが初めてオーディションに来た日のことはよく覚えています。
事前にもらってた宣材写真には
ロン毛でバタくさい、ちょっと昔の韓流スターみたいな
見ようによってはイケメンが写ってました。
本人とのあまりのギャップに劇団員一同、心がざわついてました(とても言えませんでした)。
今でも『マタイ』のチラシの裏に
そのお写真が残っています(・∀・)


今ではすっかりさわやかになって若返っているさいか。
アクション初挑戦の『マタイ』から潜在能力をめざめさせ、
今ではバッコスのアクションシーンではすっかりおなじみの存在に。
「しゃちほこ(しゃちほこ形のさかだち)」や
「さいかバウンド(倒れたところをふんづけられた時に見せるくるしみのバウンド)」など
数々の技を編み出してきました。


飲み会やイベントには必ず来てくれるさいか。
劇団員と一緒に富士山に登ったときには
頂上の神社のために五円玉を用意してきたさいか。
さいかを四文字であらわすと、心から「ういやつ」です笑

image (1).jpeg

さて、そんなさいかが今回演じてくれるのは、
公家お抱えの忍・八瀬!
はっせ と読むようです。


歴史を裏で動かす公家忍衆のなかの、実戦担当の静原と八瀬。

中忍・静原の部下である下忍の八瀬は、
殺しの腕は抜群だけれど、シャイで影が薄いのが悩み。


少ないセリフながら、田崎悠人くん演じる静原との信頼関係にはぐっときちゃいます。

お楽しみに!
posted by 劇団バッコスの祭 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★出演者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

役者紹介! その11 熊谷祐弥!

続きまして、熊谷祐弥くんをご紹介します!

image (2).jpeg

かゆいところに手が届く、気くばり屋のくまちゃん。
自然に、そして幸せそうに親切をしてくれるので
女子の中で「天性の人たらし」の異名がつきました。
どーしたらそんなに優しいことばっか言えるの?
ほんとは真っ黒なことも思ってるの?
どうなの?
と、そのあまりの包容力に、私なんかはとまどっちゃうレベルです。
みならお。


さて、今では信じられないほどやせているくまちゃんですが、
よく見るとひょろひょろというわけではなく
意外と骨太で男らしいスーパーボディでいらっしゃいます。
高校ではウェイトリフティング部だったんだって。
体重も今よりすごく重かったそうなのですが
まったく想像つかん!!


そして、中身はオトメンなギャップも萌え。
「くまなら着替えを見られても問題ない」とまで言わしめる、
女子へのとけ込み具合。脅威。
さらに、稽古場や楽屋に差し入れてくれる
くまちゃんの絶品手作りケーキやおそうざいが
毎回楽しみな私たちなのでした。


バッコス歴は意外と古く
第13回公演『逆手本忠臣蔵』から第18回公演『白夜王アムンゼン』
第19回公演『マタイ』2012年版を経て
このたび4度目の出演となります。

image (3).jpeg

そんなくまちゃんが今回演じてくれるのは
土佐藩 白札郷士・武市半平太。

坂本龍馬の親友であり、
のちには武市瑞山と名を変えて
土佐勤王党の党首になったことでも知られるビッグネームです!


激動の幕末において、
自分の考えを貫き通した人物は数多かったでしょうが
そのことによって武市ほど大きく
人生が浮き沈みした人物はなかなかいないのではないでしょうか。

史実では、剣術の道場も構えており
文武両道、自他ともに厳しく律する
堂々たる名士だったと伝えられる武市。
明治維新後まで生き延びられなかったことを
龍馬をはじめ、多くの人が悔やんだと言います。


今作『押忍! 龍馬』では、
剣は弱いけれど
優しくてまじめな人柄から
土佐藩の郷士たちに慕われている、という
史実とはちょっとだけ違う半平太をお見せします。

バッコスとの付き合いも長いだけあって
丹羽 隆博演じる、暴れん坊な龍馬とはとってもいいコンビ!


さらに、わたくし辻 明佳が演じます島村富の、えー、だんなさまになるのが
この武市半平太なのであります。

ツンデレな富に振り回されながらも
いざという時にはビシッと勇気出すくまちゃんの半平太に
わたくし毎日目の前でキュンキュンさせられておりますので、
どうかみなさんも一緒にキュンキュンしてください(・∀・)


もちろん、半平太自身の波乱に満ちた人生もじっくりお伝えします。

お楽しみにー!!
posted by 劇団バッコスの祭 at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ★出演者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

役者紹介! その10 小松金太郎!

続きまして、小松金太郎くんをご紹介します!

image (1).jpeg

エンターテイメント集団The Dusty Wallsからのゲスト出演。
バッコスの本公演には初参加ですが、
じつはもう5年も前に
バッコスが早稲田の劇団正宗さん、FLATさんと組んで企画した
アクションオムニバス公演『DURANDAL』に
こっそりばっちり出演しているんです。

4日で8ステージ、80分間をわずか8人のキャストでずーーっとアクションしつづけるという
怒涛の殺陣だらけ公演……。
「デュラってる」という流行語まで産んだ恐怖の公演ですが(疲労やスケジュールがやばいの意)
そこで、アクション初体験とは思えない身体能力を発揮していたのが、
誰あろう小松金太郎くんでした。


躍動するひきしまった筋肉!
いつでもどこでも発動するさわやかスマイル!(女装のかわいさはぴかいち笑)
舞台上ではヨゴレも辞さない特攻精神!


まぶしいです。
心も体も瞬発力が高い、よく動く。
ひまわりみたいなエネルギーを持った役者さんです。

image.jpeg

そんな金ちゃんが今回演じてくれるのは、
土佐藩藩士・後藤象二郎。
明治維新後にも政治家として大活躍した人物です。


金ちゃん演じる象二郎は、
いきいきとしてエネルギッシュ。
叔父である吉田東洋にあの手この手で奇襲をしかけるやんちゃ坊主です。
藤岡勇さん演じる東洋とはまさに動と静、
言葉に出さない愛にあふれたとってもいいコンビ。


本編では語られませんが、じつは幼くして父親を亡くしている象二郎。
その後は東洋の家に預けられていたため
彼にとって東洋は父親も同然だったようです。

東洋が立ち上げた少林塾でも学び、
日本の未来のために幅広い視野を身につけていった象二郎。
その感覚が、のちに、上士としてのプライドをかなぐり捨てての
大英断へと結びつくのですが……。


「生活に愛と笑いを」のスローガンを掲げるThe Dusty Wallsらしい
誰も傷つけない極上の笑いのセンスも
がっつりご堪能いただけますよ!

お楽しみにー!!
posted by 劇団バッコスの祭 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ★出演者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

役者紹介! その9 藤岡勇!

看板女優の辻 明佳です!

いよいよ小屋入り!
今回、劇場に入るまでどうなるかわからないしかけが盛りだくさんで。
キャスト・スタッフ一同、めちゃめちゃテンション上がってます!
みなさんにお目にかけるのが本当にたのしみ!


さて本日は、藤岡勇さんをご紹介します!

image (1).jpeg

バッコスへは第20回公演『白虎隊風雲録 コダマ!』以来、
一年ぶり、二度目の参加。
まだ二度目とは思えないなじみっぷりとたぐいまれなキャラクターで
お客様からの、バッコス出演常連化を願う声も
とっても多い役者さんではないでしょうか。


とろけるスマイルにやわらかボイス。
いつでもにこにこ優しい言葉をかけてくれる素敵なお兄さんですが、
その甘言のどこまでが本音かよくわかんない
ミステリアスなところもあったりして。
テキトーさを楽しみながら
ゆらりゆらりと生きてるイメージです。

コメディへの出演も多く
飄々としたたたずまいを逆手にとったおしゃれなギャグセンスは秀逸です。
もっと知りたい!

image.jpeg

そんないさおさんが今回演じてくれるのは

土佐藩参政・吉田東洋。

武士の中にも上士、下士と呼ばれる独自の身分制度があった土佐藩では
その差別はたいへん厳しいものだった。
というのは
龍馬ファンの方ならご存じでしょう。


今作『押忍! 龍馬』では
龍馬の土佐藩時代を語る上ではほとんど通過儀礼であるこの差別を
あんまりクローズアップしません。

下士をことさら嫌っていたと言われる土佐藩の元藩主・山内容堂も登場しません。


代わりに土佐藩のシーンに出てくる「いちばんえらい人」がこの、吉田東洋なんです。


上士の中では馬廻組という、比較的低い身分でありながら、
その才能を買われて藩の参政にまでのぼりつめた東洋。

今作では、下士に対してもわけへだてなく接する、
進歩的で広い視野を持った人物として描きます。


東洋が開設した私塾「少林塾」は
後藤象二郎や板垣退助、岩崎弥太郎などが学んだことでも有名ですが
今作では、武市半平太もここの塾生になっちゃいます!


異国と交わり、文化や技術を取り入れるべしとする「開国派」の吉田東洋。
「攘夷派」の志士たちからの反感を一身に受けておりましたが……。


しっとり、ふんわり。
いさおさんの魅力がぎっしり詰まった
忘れられない味わいのある東洋に仕上がりました!

どうぞご堪能くださいませ!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
posted by 劇団バッコスの祭 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ★出演者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。